概要

概要

名称 株式会社ExaScaler (エクサスケーラー)
設立 2014年4月
資本金
2,713,945,000円(27億1394万5千円)
事務所
101-0052
東京都千代田区神田小川町2丁目1番地 木村ビル3階
社員数 16名
事業目的
独自の高効率・高密度液浸冷却システムを基に、省エネルギー性に優れた大規模演算システムや次世代スーパーコンピュータシステムを開発して、科学技術の進歩によって社会に貢献する。
事業内容
  • 1)高効率の液浸冷却装置、及びシステムの開発・製造・販売
  • 2)独自の液浸冷却方式によるスーパーコンピュータシステムの開発・製造・販売
  • 3)独自の液浸冷却方式によるコンピュータシステムの開発・製造・販売
  • 4)液浸冷却用のシステムボード、アクセレレータボード類各種の開発・製造・販売
  • 5)スーパーコンピュータ、HPCシステム、データーセンターの冷却システムの受託開発

沿革

沿革

2014年1月 新しい液浸冷却技術の確立と開発を行う目的で会社設立の準備を開始し、各種の 基礎実験を遂行。3月までに、画期的な新しい冷却手法を確立。
2014年4月 会社を登記して9名の社員を登用して法人としての業務を開始。
2014年7月 Green500トップ獲得を十分狙える高効率・高密度液浸冷却システム開発を企画し、 実験機システムを開発して良好な実験結果を得る。
2014年8月 革新的な液浸冷却システムの基本特許出願を完了。「ExaScaler-1」が完成。
2014年8月 大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構 計算科学センターと共同研究契約を締結。
2014年10月 東京大学理学部情報科学科と共同研究契約を締結。
2014年11月 高エネルギー加速器研究機構に設置された小規模液浸冷却スーパーコンピュータ「ExaScaler1.0」(愛称「Suiren(睡蓮)」)が、スパコン消費電力性能ランキング「Green500」で世界第2位、国内第1位を獲得。
2015年2月 HPCシステムズ株式会社と販売代理店契約を締結。
2015年6月 豊田通商株式会社と販売代理店契約を締結。
2015年6月 富士通株式会社のコーポレートベンチャーファンドが資本参加。

アクセス

アクセス

東京都千代田区神田小川町2丁目1番地

木村ビル3階