スーパーコンピュータ「Shoubu(菖蒲)system B」が スパコン省エネランキングGreen500で世界第1位を獲得

概要
理化学研究所(理研)情報基盤センターが、株式会社ExaScaler、株式会社PEZY Computingと共同で設置した液浸冷却スーパーコンピュータ「Shoubu(菖蒲)system B」が、2017年11月14日(日本時間)に発表された最新のスーパーコンピュータランキングの消費電力性能部門「Green500」において、世界第1位を獲得致しました。
理研のGreen500における第1位獲得は四回目となり、全てShoubuシステムが獲得しています。Shoubu(菖蒲) system Bは2016年4月にPEZY-SC2用の新型システムボード類を利用するために、全く新しい液浸槽(system B)を設置し、演算理論性能が2ペタフロップス級となっています。
理研、ExaScaler、PEZY Computingは、菖蒲の高性能化を目指した最適化作業を計画しています。また、応用分野での利用として、脳神経シミュレーションの研究や最適化問題の研究など幅広い分野で進めていく計画です。

詳細はこちらを参照ください(PDF)

【Green500リスト(2017/11)】
https://www.top500.org/green500/lists/2017/11/

Press release 2017.11.17